トマト農家の方を訪ねてきました

先日、佐賀市川副町でトマト栽培をされている山口愛一郎さんを訪ねました。
山口さんは、当ファームの完熟堆肥を10年以上使われています。
元々、土づくりに熱心に取り組まれていたそうですが、この堆肥を使い始めて1年後には、さらに良い土になったことをはっきりと認識できたそうです。
この堆肥は間違いないという確信をもたれ、以来ずっと使用していただいています。

栽培中のトマト
山口さんのハウスで栽培中のトマト。順番に熟していきます。

トマトは育てるのが難しいと言われますが、基本の土がしっかりとできているので、「あとはあまり手が掛かりません」。
気候の変化にもほとんど影響を受けず、毎年安定した収量を得られています。
川副町はトマト栽培が盛んな地域ですが、山口さんの実績を見て、この堆肥を使い始められた周辺の方々もいらっしゃいます。

「しっかりとした酸味」が特徴という山口さんのトマトは、「これから甘みが増してきて、バランスが良くなってきます」とのこと。
おいしくて良質のトマトを、これからもたくさん食卓に届けて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です