牛も風邪引きます

この冬は厳しい寒さが続いていますが、皆さま風邪は引かれていませんか?
標高400メートルにある牧場では、よりいっそう寒さを感じます。
そのせいで、牧場の牛たちも何頭か、風邪を引いてしまいました。

「牛って風邪引くの?」と皆さんびっくりされますが、下の写真のとおり、牛も風邪を引いて鼻を垂らします。
コン、コン、と咳もしますし、熱も出ます。
人間と一緒ですね。

風邪を引いた牛
牛も風邪を引くと鼻を垂らしてしまいます

ひどいと肺炎にかかって、命を落としてしまうことも。
だから、体温が40度を超すと注射をしなければなりません(平熱は38.5度ぐらいです)。
注射をすると、しばらくは搾乳することもできません。
また、一頭引いてしまえば、どうしても他の牛たちにも広がってしまいます。
風邪を引くと、牧場はけっこうたいへんなんです。

今日は立春。
2月は寒さのなかにも、少しずつ春を予感できますよね。
すぐそこに来ている春を楽しみに待ちながら、2月も頑張っていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です