風配高原ファーム

水から生活環境まで、すべてにこだわり
牛舎にはモーツァルトの音楽が

酪農のいちばんの基礎は、健康な牛を育てること。
私たちは、徹底してそれにこだわって仕事をしています。

まず、全てに関わる水。
現在の地に牛舎を移転したのも、多良岳山系の良質な天然水を求めてでした。
当ファームの地下には、多良岳の豊富な地下水脈があり、これを汲み上げて使っています。
牛舎では、この水にさらに電子チャージをして、牛に与えています。

牛舎
牛舎の様子
牛舎の様子
約140頭の牛を飼育

飼料や牧草にも電子チャージを施しています。
また、定期的に外部の専門家にチェックしてもらいながら、飼料の内容や配合を調整しています。

このような水・飼料・牧草をたくさん体内に取り込むことで、牛たちの消化吸収が良くなります。
その分、フンからの有害なガスの発生が少なくなるため、牛舎内の悪臭はあまりありませんし、ハエの発生も少ないです。

夏には、電子チャージした水を上から散布し、牛のからだにかけてあげます。
牛舎の屋根の上にもスプリンクラーを設置。
屋根自体に水を散布して、牛舎を涼しく保つ工夫もしています。
さらに、牛舎内にはモーツァルトの音楽を流し、牛たちに聴かせています。

このように牛舎内の環境が整っているので、牛たちはストレスを感じず、のんびりと健康に過ごすことができます。
その結果が、おいしい牛乳と有用菌豊富な牛フンです。

牛乳を毎日メーカーに出荷するかたわら、これらを有効利用するため、以下の関連事業を行っています。
詳細は、各ページをご覧下さい。

ソフト生地の製造

ソフト生地のページへ

当牧場の牛乳を贅沢に使ったソフトクリーム生地。なめらかなソフトクリームができます。

完熟堆肥の製造

完熟堆肥「ドラゴン」のページへ

当牧場の牛の生フンをもとに、1年半熟成させて、完熟堆肥「ドラゴン」を製造しています。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です